ldns-compare-zones(1)

ldns-compare-zones

Section: User Commands (1)
Updated: 17 Oct 2007


名前

ldns-compare-zones - 2つのゾーンファイルを読み込んで比較し、違いを出力する

書式

ldns-compare-zones [-c] [-i] [-d] [-z] [-s] ZONEFILE1 ZONEFILE2

説明

ldns-compare-zonesは2つのDNSゾーンファイルを読み、違いを出力します。

出力形式は次の通りです:
        +NUM_INS        -NUM_DEL        ~NUM_CHG

主な比較は所有者名に基づいています。所有者名がゾーンファイル1に存在し、ゾーンファイル2に存在しなければ、この所有者名のリソースレコードは削除されたと考えられ、NUM_DELとして数えられます。所有者名がゾーンファイル2に存在し、ゾーンファイル1に存在しなければ、この所有者名のリソースレコードは挿入されたと考えられ、NUM_INSとして数えられます。オーナ名が両方に存在し、そのレコードの数や内容に違いがあれば、変更されたと考えられ、NUM_CHGとして数えられます。

オプション

-c
所有者名が両方のゾーンファイルに存在するリソースレコードを出力し、異なるリソースレコードを出力します。(a.k.a. changed)
-i
所有者名がゾーンファイル2にのみ存在するリソースレコードを出力します。 (a.k.a. inserted)
-d
所有者名がゾーンファイル1のみに存在するリソースレコードを出力します。 (a.k.a. deleted)
-a
全ての変更を出力します。このオプションを指定することは、-c -i -dを指定するのと同じです。
-z
ゾーンのソートを行いません。このオプションは推奨されません。変更の状態によっては、レコードが誤って変更されたと判断されることを引き起こします。
-s
SOAレコードを比較から除外しません。SOAレコードは新しいシリアル番号のために変更されたと示されます。(他のゾーンの頂点の要素が)変更されているかを知ることに興味があるでしょうから、デフォルトではオフです。
-h
使い方を表示して、終了します。
-v
バージョンを表示して、終了します。

著者

CZ.NIC, z.s.p.o.のためにOndA?ej SurA? <ondrej@sury.org>により書かれました。(czech domain registry)

バグの報告の仕方

<ondrej@sury.org>にバグを報告してください。

著作権

Copyright (C) 2005 CZ.NIC, z.s.p.o.. これはフリーソフトウェアです。無保証です。特定の目的のためへの品質や適合さえありません。