ldns-read-zone(1)

ldns-read-zone

Section: User Commands (1)
Updated: 30 May 2005


名前

ldns-read-zone – ゾーンファイルを読み込んで、出力する

書式

ldns-read-zone ZONEFILE

説明

ldns-read-zoneはDNSゾーンファイルを読み込んで、出力します。その出力は1行につき1つのリソースレコードになり、たくさん出力する構造ではありません。

オプション

-c
出力する前にゾーンのすべてのリソースレコードを正規化します。
-d
ゾーンからDNSSECデータのみを出力します。このオプションはタイプがNSECやNSEC3やRRSIGやDNSKEYでないレコードを省きます。DSレコードは出力されません。
-h
使い方を表示して、終了します。
-n
SOAレコードを出力しません。
-s
ゾーンからDNSSECデータを取り去ります。このオプションはタイプがNSECやNSEC3やRRSIGやDNSKEYであるリソースレコードを省きます。DSレコードは出力されます。
-v
バージョンを表示して、終了します。
-z
出力前にゾーンをソートします。これは-cを意味します。

著者

ldnsの使い方の例として、ldnsチームにより書かれました。

バグの報告の仕方

<ldns-team@nlnetlabs.nl>にバグを報告してください。

著作権

Copyright (C) 2005 NLnet Labs. これはフリーソフトウェアです。無保証です。特定の目的のためへの品質や適合さえありません。