ldns-walk(1)

ldns-walk

Section: User Commands (1)
Updated: 21 Nov 2005


名前

ldns-walk - DNSSEC署名済みゾーンの内容を取得する

書式

ldns-walk [ OPTION ] ZONE

説明

ldns-walkはDNSSEC署名済みゾーンの内容を取得するために使われます。(NSECレコードの鎖をたどる)NSECウォーキングと各NSECの次の不在所有者名を推測することにより行います。

キャッシュ フォワーダーを通して使われると、ワイルドカード レコードで動かなくなるかもしれません。この問題は(@引数で)直接に権威ネームサーバに問い合わせることにより避けることができます。

もちろん、使われるネームサーバはDNSSECに対応しているものでなければなりません。

オプション

-f
完全なゾーン ウォークを行います。デフォルトでは、ldns-walkは名前とその名前で存在するタイプのみを表示します。このオプションが与えられたら、すべてのリソース レコードが出力されます。
-s name
この所有者名でウォークを開始します。大きいゾーンでウォークを続けるときに役に立ちます。
@ nameserver
このネームサーバにクエリーを送ります。

バグ

フルゾーン ウォーク機能はまだ完全ではありません。委譲レコードを必ずしも正しくは出力できません。

著者

ldnsの使い方の例としてJelte Jansenにより書かれました。

バグの報告の仕方

<ldns-team@nlnetlabs.nl>にバグを報告してください。

著作権

Copyright (C) 2005 NLnet Labs. これはフリーソフトウェアです。無保証です。特定の目的のためへの品質や適合さえありません。