NSD 4.1.0リリース

NSD 4.1.0が2014年9月4日にリリースされました。

主な変更点は次の通りです。

  • DNSラウンドロビン対応。round-robin: yesを指定することにより利用できる。
  • database: “”の記述によりデータベースのmmapなしに起動。メモリの使用量が削減される。ゾーン情報はテキスト形式のゾーンファイルから読み込まれる。
  • zonefiles-writeオプション。databaseが””の時に利用できる。サーバは毎時にディスクに変更されたゾーンファイルを出力する。
  • xfrdfile: “”の記述によりゾーン転送のステータスファイルxfrd.stateが無効化される。有効であれば、以前と同じくサーバ起動時にシリアル値の更新のためにはゾーンはチェックされない。
  • includeのワイルドカードglob対応。include: “foo/nsd.d/*.conf”のように記述できる。
  • log-time-asciiオプションがデフォルトyesになった。
  • nsd-control addzoneはゾーンがすでに存在していたら報告する。
  • ゾーンの文法チェッカーツールnsd-checkzoneの追加。
  • –with-max-ipsのデフォルト値を8から16に増やした。

変更点についての詳細およびダウンロードは公式サイトを見てください。