nsd-xfer(8)

nsd-xfer

Section: nsd 3.2.8 (8)
Updated: Mar 22, 2011


名前

nsd-xfer – ネームサーバからゾーンを転送するAXFRクライアント

書式

nsd-xfer [-4] [-6] [-a address[@port]] [-p port] [-s serial] [-T tsiginfo] [-v] -z zone -f file servers

説明

nsd-xferはAXFRを使ってネームサーバからゾーンを転送するプログラムです。NSDは権威DNSネームサーバの完全な実装です。

オプション

-4
IPv4アドレスにのみ送信します。
-6
IPv6アドレスのみに送信します。
-a address[@port]
送信元アドレス(とポート番号)を指定します。
-f file
ゾーンを保存するファイル。
-p port
宛先ポート番号を指定します。
-s serial
現在のゾーンのシリアルナンバーを指定します。マスタ サーバがより大きいシリアルナンバーのゾーンを持っているときのみゾーンが転送されます。
-T tsiginfo
ゾーン転送を検証するためにTSIGを使います。tsiginfoファイルはTSIG鍵情報を含まなければなりません。鍵の読み込みが成功したらファイルは削除されます。tsiginfoファイルの形式はdoc/READMEファイル(セクション3.3)に記述されています。
-v
より饒舌になります。
-z zone
受け取るゾーンを指定します。
servers
転送を試みるネームサーバのリスト。

このプログラムを実行するためには次のように入力します:

# nsd-xfer -z foobar.cz -f foobar.cz.zone 1.2.3.4

関連項目

nsd(8), nsdc(8), nsd.conf(5), nsd-checkconf(8), nsd-notify(8), nsd-patch(8), zonec(8)

著者

NSDはNLnet LabsとRIPE NCCの共同チームにより作られました。詳細は配布ファイルに含まれているファイルCREDITSを見てください。