nsdc(8)

NSDC

Section: NSDC 3.2.8 (8)
Updated: Mar 22, 2011


名前

nsdc - Name Server Daemon (NSD) 制御スクリプト。

書式

nsdc [-c configfile] start | stop | reload | rebuild | restart | running | update | notify | patch

説明

nsdcNSD配布物のnsd(8)とzonec(8)を制御するために使われるシェルスクリプトです。nsdcはブート時のnsd(8)の自動起動のためのシステムのようなBSD/etc/rc.dディレクトリにリンクされるのに適しています。

起動毎に、nsdcnsd.conf(5)設定ファイルを読み込もうとします。その設定ファイルの例はnsd.conf.sampleのようにNSDパッケージと一緒に配布されています。設定ファイルは利用される前にエラーをチェックされます。nsd-checkconf(8)を参照してください。

利用できるnsdcのコマンドは以下の通りです:

start
nsd(8)を開始します。
stop
SIGTERMを送ることにより、nsd(8)をシャットダウンします。
reload
SIGHUPを送ることにより、nsd(8)の名前空間データベースを再読込し始めます。
rebuild
適切な引数と共にzonec(8)を実行することにより、nsd(8)データベースを再構築します。
restart
nsdc(8)を再起動します。これはnsdc stop と nsdc start に等しいです。
running
nsd(8)が動いているかを確認します。動いていなければエラーメッセージとエラーコードを返し、動いていればメッセージなしでエラーコード0を返します。
update
localhost (127.0.0.1 or ::1)からallow-notify:が許可された全てのスレーブゾーンを更新します。TSIG鍵が設定ファイルのallow-notify文で指定されていれば、通知を安全に行うためにTSIG鍵が使われます。NSDは自動的にゾーンのタイムアウトを追跡していることを記しておきます。これはlocalhostに通知メッセージを送ることにより手動で更新を強制したいときのみに必要とされます。
利用できる他の方法はnsdを止め、xfrd.stateファイルを削除し、再びnsdを開始することです。これにより、全てのゾーンを更新しようとします。この方法はallow-notify:文を必要としません。
notify
nsd.confファイルにnotify:キーワードを持つ全てのゾーンの全てのスレーブに通知メッセージを送信します。TSIG鍵がnotify文で指定されていれば、スレーブサーバに通知メッセージを安全にするために使われます。
patch
ゾーンファイルにゾーン転送の変更を結合します。NSDデータベース(nsd.db)と差分ファイル(ixfr.db)を読み込み、更新されていればゾーン テキスト ファイルを上書きします。これを定期的に実行して、差分ファイルが無限に成長しないようにします。ゾーン テキスト ファイルが(マスター ゾーンも含めて)変更されていれば、nsd.dbはリビルドされ、nsdはリロードされます。

オプション

-c configfile
デフォルトの設定ファイル/etc/nsd/nsd.confの代わりに使用する設定ファイルを指定します。

ファイル

/etc/nsd/nsd.conf
nsdがデフォルトのパス名とNSDのオプションを変更する設定ファイル。ゾーン名、ゾーンファイルへのパス名、アクセス制御リストもnsd.conf(5)で設定できます。
/var/db/nsd/nsd.db
デフォルトのNSDデータベース
/var/db/nsd/nsd.db.lock
操作ツールによりNSDデータベースのアクセスのためのロックファイル。
/var/db/nsd/ixfr.db
ゾーン転送のジャーナル。新しいゾーンの内容を含む差分ファイルが転送されます。
/var/db/nsd/xfrd.state
NSDのゾーン転送プロセスの状態。ゾーンのタイムアウトやどのゾーンが期限切れしたかを含んでいます。
/var/run/nsd.pid
ネームサーバのプロセスID

診断

操作が成功したら、nsdcは終了コード0を返します。そうでなければ、エラーメッセージを標準エラーに出力し、0以外の終了コードを返します。

関連項目

nsd(8), nsd.conf(5), nsd-checkconf(8), nsd-notify(8), nsd-patch(8), nsd-xfer(8), zonec(8)

著者

NSDはNLnet LabsとRIPE NCCの共同チームにより作られました。詳細は配布ファイルに含まれているファイルCREDITSを見てください。

バグ

設定ファイルの文法チェックは基本的なものです。エラーメッセージが間違っているかもしれません。nsdc patchを実行すれば、(長い)ゾーン転送が込んでいるときにはゾーン転送の内容が部分的に失われるでしょう。再起動後に、これは検出され、ゾーン転送が再開されます。nsdc patchの終わりに起きた再読込は、ゾーン転送により引き起こされたNSDのメモリの汚れを開放します。