nsd-checkconf(8)

nsd-checkconf

Section: nsd 4.0.0 (8)
Updated: Oct 29, 2013


名前

nsd-checkconf – NSD設定ファイルチェッカー

書式

nsd-checkconf [-v] [-h] [-o option] [-z zonename] [-p pattern] [-s keyname] configfile

説明

nsd-checkconfは設定ファイルを読み込みます。標準エラーに解析エラーを出力し、内容について追加のチェックを行います。設定ファイルの形式はnsd.conf(5)に記述されています。このプログラムのユーティリティはnsd(8)で設定ファイルを使う前にエラーをチェックするために使われます。このプログラムは-oと-zオプションを使って、シェルスクリプトがnsdの設定ファイルにアクセスするためにも使うことができます。

オプション

-v
読み込み後に、設定ファイルの形式で標準出力にオプションを出力します。このオプションなしでは、成功あるいは解析エラーのみが報告されます。
-h
使い方のヘルプを出力し、終了します。
-o option
設定ファイルからこのオプションのみを返します。このオプションは-z-pオプションと一緒に、または、それらのオプションなしにserver: セクションを問い合わせるために使うこともできます。特別な値 zones は設定されたゾーンの一覧を出力します。特別な値patternsは設定されたパターンの一覧を出力します。

このオプションはシェルから設定ファイルを解析するために、主にnsdcによって使われます。-zオプションが与えられ、-oオプションが与えられなかったら、何も出力しません。
-s keyname
設定ファイルのこの鍵に対して設定された秘密鍵(base64形式)を出力します。シェルスクリプトが設定ファイルを解析するのに役立てるために使われます。
-p pattern
ここで指定したパターン名に対する-oオプションで指定されたオプションを返します。
-z zonename
ここで指定したゾーン名に対する-oオプションで指定されたオプションを返します。

このオプションを与えなければ、設定ファイルのserverセクションが使われます。
-oと-sと-zオプションは標準出力に設定ファイルのオプションを出力します。

ファイル

/etc/nsd/nsd.conf
デフォルトのNSDの設定ファイル

関連項目

nsd(8), nsd.conf(5), nsd-control(8)

著者

NSDはNLnet LabsとRIPE NCCの共同チームにより作られました。詳細は配布ファイルに含まれているファイルCREDITSを見てください。