unbound-checkconf(8)

unbound-checkconf

Section: unbound 1.4.17 (8)
Updated: May 24, 2012


名前

unbound-checkconf – unboundの設定ファイルのエラーを検査する。

書式

unbound-checkconf [-h] [-o option] [cfgfile]

説明

Unbound-checkconfunbound(8) DNSリゾルバの文法とエラーを検査します。設定ファイルの文法はunbound.conf(5)に記述されています。

利用できるオプションは以下の通りです。

-h
バージョンとコマンドライン オプションのヘルプを表示します。
-o option
設定ファイルの検査後に、このオプションがあれば、そのオプションの値が標準出力に出力されます。”” (無効) オプションでは、空行が出力されます
cfgfile
unboundの設定を読み込む設定ファイル。このファイルが検査されます。省略したら、デフォルトの場所の設定ファイルが検査されます。

終了コード

unbound-checkconfプログラムはエラーのときにはステータスコード1で、正しい設定ファイルのときにはステータスコード0で終了します。

ファイル

/etc/unbound/unbound.conf
unboundの設定ファイル。

関連項目

unbound.conf(5), unbound(8).